JAなんすん(南駿農業協同組合)

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
なんすんtopics
トップページ > なんすんtopics > あしたか牛の競りの遠隔化を実現

あしたか牛の競りの遠隔化を実現

2019年06月13日
0
 JAなんすんあしたか牛推進協議会は、取引関係者が遠く離れた食肉市場に行かずに枝肉の画像を見ながら取引する「遠隔化取引」を導入しました。取引前日に、JA担当職員が食肉センターへ出向いて画像を撮影し、地元施設に送信を行い、翌日、取引参加者はその画像を見ながら価格を決めます。費用と時間の両面で大きく負担が減ることが期待されます。
 当日は、長泉町の東部営農経済センターで、初の遠隔化取引が行われ、JA職員が撮影した画像と紙面上での結果を確認し、取引を行い、「あしたか牛(F1)」12頭 987万円の取引が成立しました。

なんすんtopics