JAなんすん(南駿農業協同組合)

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
なんすんtopics
トップページ > なんすんtopics > 地元高校生が農業の課題を学ぶ

地元高校生が農業の課題を学ぶ

2020年10月02日
0
 JAふれあい市に、裾野高等学校の2年生39人が訪れ、地域の魅力や課題を発見する授業の一環で、生産者に農業の現状や課題についてインタビューを行いました。
 生徒が8つの班に分かれて設定したテーマに基づき、「裾野市の農家を盛り上げるためにはどうしたら良いか」などと生産者に対し質問しました。
 生徒は「直接農家の人の声を聞くことができ勉強になった。生産者の生の声を聞いて、自分たちに何ができるのか考えていきたい」と話しました。

なんすんtopics