JAなんすん(南駿農業協同組合)

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
なんすんtopics
トップページ > なんすんtopics > 最後の夏ミカン収穫体験

最後の夏ミカン収穫体験

2021年03月11日
0
 JAなんすん青壮年部西浦支部は、沼津市立西浦小学校で児童を対象に、夏ミカンの収穫体験を行い、生徒55人や先生、PTAらが参加しました。
 5・6年生は、木に登りながらハサミで夏ミカンを収穫、3・4年生は地上から手の届く範囲内で収穫し、1・2年生は収穫した夏ミカンを受け取ってカゴに入れ、集荷用のコンテナへ運ぶなど、各学年が役割分担しながら作業を行いました。
 夏ミカンの収穫を体験することで農産物への理解を深めるとともに、協力しながら作業を行うことの大切さを感じてもらうため、毎年行っています。来年度から同小学校が他校と統合することにより今回が最後の夏ミカン収穫体験となりました。
 収穫したミカンは、児童が持ち帰ったほか、近隣の高齢者福祉施設や保育所に配ることになっています。
 児童は「木に登ってみんなで一緒に収穫するのが楽しかった」と笑顔を見せました。

なんすんtopics