JAなんすん(南駿農業協同組合)

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
JAなんすん自己改革
トップページ > JAなんすん自己改革
JAなんすん自己改革について
 

 JAなんすんは、平成27年度より5年間で実施する「JAなんすん自己改革実践計画」を定め、将来につながる農業生産基盤の確立や農業所得向上に向けて支援・販売体勢の構築に努めます。また組合員・地域住民の暮らしの豊かさに貢献する活動に取り組んでいきます。



TVCM

2018年放送TVCM。JAなんすんの援農ボランティアを紹介しています。




自己改革の取り組み

今年度の取り組みを紹介します。

PICK UP!
2018年05月12日

あぐりスクールスタート

あぐりスクールスタート 5月12日、第1回あぐりスクール 「~畑で入学式~ 」が行われ、100名の生徒が入学しました。入学式の後、クラスごと分かれ畝を立てマルチを張り、ミニトマト・ナス・ ピーマン・スイカを定植しました。青壮年部や卒業生ボランティアスタッフの指導のもと、親子で農作業を行いました。

● 2018年05月28日園児を対象に田植え体験を実施♪
● 2018年05月19日
農業体験学校が始動!|地域ふれ愛活動
● 2018年05月18日
TACの育成プログラム
● 2018年05月17日地元園児らが田植え体験|地域ふれ愛活動


農家組合員の農業所得向上に向けた取り組み

生産コストの抑制策

生産にかかる助成制度
農業経営支援制度のご案内チラシ1
[PDF:402KB]
利用者の声

 労働力の支援

<援農隊>

援農隊
[PDF:808KB]
<援農ボランティア>
援農ボランティア
[PDF:602KB]


自己改革の経過報告(平成27・28年度の取り組み)

自己改革実践計画に基づく取り組みを進め、2年が経過しました。これまでの主な取り組みにつきまして紹介します。

自己改革の経過報告

自己改革の経過報告(H27~H28年度)


自己改革に関するお問い合わせ

総合企画部 企画課/TEL:055-931-4977(平日8:30~17:00)